1. PAGE BACK
  2. HOME
  3. スタッフ紹介

製造課

2018年新卒入社

平谷 優弥

Yuya Hiraya

━ 入社しようと思った理由、きっかけ ━

高校時代は農業系の学科に在籍しており、そこで学んだことを生かせる職場を探していたところ、求人票で松原米穀を見つけました。学校ではお米のことも学んでいたので興味もあったため入社を決意しました。

━ 普段の仕事で大変なこと、それに対して工夫をしていること ━

お米は重量物なので、入社当初は体力的にとても苦労しました。また、一口に米と言っても品種や規格、卸先によって異なり、たくさんの商品を覚える必要があります。いずれも時間がたてば慣れることなのですが、先輩社員に仕事のコツなどを遠慮せずに聞くことでいち早く慣れることを心がけています。

━ 仕事のやりがい ━

袋詰めされたお米をパレットに積みつける際に「もっときれいに積むにはどうしたらよいだろう」とか、製造に手間がかかる商品を作る際に「こうすればもっと早くできるんじゃないか」と考えながら改善活動をしていくことにやりがいを感じています。こうした改善をコツコツ積み重ねることで、より効率の高い製造を目指しています。

━ 今後どのような仕事をしてみたいか ━

松原米穀の中には、まだまだ経験したことのない、知らない仕事がたくさんあります。まずは今の仕事を完璧に覚えて、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと考えています!

━ 松原米穀の特徴(どんな社員が多いか、社風など) ━

後輩想いで、優しい人がとても多いように感じます。私が入社した頃は同年代の社員がおらず、うまくなじめるかとても不安だったのですが、先輩社員がたくさん話しかけてくれたおかげでとても働きやすくなったことを覚えています。

1日のスケジュール

7:30 出社

今日も一日頑張るぞ!

7:30 朝のミーティング。

当日の製造スケジュールをみんなで確認。自分の動きを聞き漏らさないように集中して臨みます。

8:30 製造開始。

機械の設定や精米日の印字などに間違いがないか一つひとつ確認しながらスタンバイをします。

10:00 休憩。

お米は重たいため製造作業は体力を使うため、休みながら作業を行います。

11:00 本州のスーパー向け製造

北海道にも進出しているスーパー向けの製造。本州ではゆめぴりか、ななつぼしが人気でよく売れています。自分が携わった商品が、本州のお客様にも手に取ってももらえていると考えると感慨深いです。

12:00 昼食。

品質チェックを兼ねて様々な品種のお米が好きなだけ食べられます。ご飯好きにはたまりません。

13:00 午後製造開始。

お昼あけなので気が抜けないように注意して作業を開始します。とにかく間違えないに慎重に…。

14:00 休憩。

精米の合間を縫って休憩。今日の仕事もあと少し…!

14:30 大手飲食店向け製造。

誰もが一度は行ったことがある(?)、大人気飲食店向けの製造。数量が多いのでみんなで協力して製造します。

16:30 製造ラストスパート。

メンバー全員で作業状況を確認して、お互いにサポートしながら製造を進めます。先輩の声掛けが力になります…!

17:30 帰宅。

一日体を動かして早くも空腹!車の運転に注意しながら帰ります。

スタッフ紹介一覧

製造課 工場長

2006年中途入社

福田 誠一

Seiichi Fukuda

製造課

2018年新卒入社

平谷 優弥

Yuya Hiraya

販売2課 主任

2011年中途入社

宮崎 未来雄

Kazuhiro Sato

事務課 副主任

2017年新卒入社

坂本 遥奈

Haruna Sakamoto