1. PAGE BACK
  2. HOME
  3. お知らせ
  4. 2018年の記事

JAN 17, 2018

銀山米研究会のゆめぴりかがANA機内食に採用されました!

松原米穀と銀山米研究会が展開する「仁木町銀山産ゆめぴりか」が、
この度ANAグループ国際線ビジネスクラス(日本発欧米路線)
機内食に採用されることとなりました!



ANAグループでは、日本全国47都道府県が誇る多様な資源を
日本国内外に発信する地域活性化プログラム
「Taste of JAPAN by ANA -Explore the regions-」に取り組んでおり、
第1弾として2017年12月~2018年5月までの
6ヶ月間で北海道の特集をスタート、
3月~5月で「仁木町銀山産ゆめぴりか(銀山米研究会)」
国際線ビジネスクラスの機内食にご採用いただいております。

《ドリームライスネットで購入する》

銀山米研究会が活動する仁木町銀山地区は、
道内随一の清流を誇る余市川を水源とし、
周辺を山々に囲まれる盆地地帯のため肥沃な土壌が広がる一方、
日照時間が短く、長い間米作りには厳しい環境と言われていました。

こうした厳しい環境でも美味しいお米を少しでも多く作るべく、
米栽培の研究に熱心な生産者が集って結成したのが「銀山米研究会」です。

結成から15年、外部講師を招いた研修会や技術指導を受けながら、
毎年毎年少しずつ品質の改善を重ねた結果、彼らが作る甘みとツヤのあるお米は、
北海道でも次第に評価されるようになりました。

今回の機内食ビジネスクラスへの採用を受け、
販売を手がける松原米穀では「仁木町銀山産ゆめぴりか(銀山米研究会)」
新パッケージの制作や販路の拡大を通して、当研究会のみならず、
北海道産米の誇るべき価値を全国に発信してまいります。

プレスリリース
仁木町銀山産ゆめぴりか紹介
Posts List